男性が語る交際クラブ・デートクラブの失敗談Men’s Failure Stories

ここでは、交際クラブに実際に通っている男性の方々から、失敗談を色々と聞いてみました。
これから交際クラブを体験しようとしてる方、
交際クラブには通ってるが、なかなかうまく行かない方、
こちらを参考にしてみてはどうでしょか?

失敗談 その壱

高価なプレゼントを渡せば喜ぶってもんじゃない。タイミングとセンスが大事ですね。

はじめて紹介していただいた女性がですね、これがびっくりするぐらいかわいい方でして。いきなり想像以上の美人が登場したものだから、もう完全に舞い上がってしまいました。
とにかく彼女に気に入られたいとばかりに、完全に力が入ってしまい、いきなり高価なものをプレゼントしたり、何度も何度もメールや携帯を鳴らしてみたり。出会ってすぐですからね。
そりゃ、相手の方はひきますよ(苦笑)。やっぱり相手の様子、ペースもしっかりと考えて行動しないといけません。今になって冷静に考えてみると、あの時は完全なストーカー状態でした(苦笑)。
ただ、高価なプレゼントを渡せば喜ぶってもんじゃない。タイミングとセンスも大切です。とにかく肩ヒジを張らずに、自然体が一番です。次回は、ありのままの自分らしく、力まずに接してみたいと反省しています。
それにしても、交際クラブって、ホントにかわいい子ばかりを紹介してくれますよね。いつも驚いています。(東京都・歯科医師 39歳)

失敗談 その弐

お金のケチり過ぎは色んな意味で損することになりかねませんね。

ひとえに「交際クラブ」といっても、都内近郊だけでもたくさんあるじゃないですか。
私はまずネットで検索して、そこで低価格を売りにしているあるクラブを選びました。ところが、そのクラブというのが、完全な“モグリ営業”の違法店でして。
いわゆる完全な売春あっせん系で、私は真剣なお付き合いを希望していたので、そこはすぐに脱会しました。健全な優良店はたくさんありますから、クラブ選びは慎重に運びたいですね。
「男性も完全無料」みたいな割安感を全面的にうたっているところは、ちょっと疑ってかかった方がいいかも知れませんよ。
必ずしも高級クラブがいいとは言えませんが、お金のケチり過ぎは逆にいろんな意味で損をすることになりかねませんね。(神奈川県・塾講師 34歳)

失敗談 その参

やりたいオーラ全開では女性もシラケてしまいますよ。

「入会する→紹介してもらう→即、ヤレる」。この方程式は合っているようで、全然合っていません。
とにかく過剰な“ガッツキ”は厳禁ですね。やりたいオーラ全開では、女性もシラけてしまいますよ。
ぼくも相手に「高い紹介料払っているんだから、このヤロー、早くやらせろ」みたいな暴言を吐いたこと、1度や2度じゃありません(苦笑)。
もちろん、ソッコーでフラれましたけど。最高のエンディングを迎えるためには、そこへ到達するまでのプロセスというか、相手との駆け引きを楽しむぐらいのゆとりが必要ですね。
最近は、ずいぶんと落ち着いた振る舞いができるようになったので、かなりいい思いしています。(東京都・広告代理店勤務 29歳)

失敗談 その四

デートの前に、ある程度は相手に関する情報収集が必要ですね。

デートプランを組むのは、本当に難しいですね。
すごく流行っている焼き肉の店があるんですよ。店の雰囲気もよくて、料理もおいしい。デートには最適かなあと思って、予約を入れました。
ところが、会ってみると、なんと彼女、お肉は大の苦手とのこと。。。
知らない者同士ですので、こういう失敗はよくあると思います。また緊張を和らげるためにお酒を飲み過ぎるのもどうかと。
いきなり初対面で、顔を真っ赤にして、ロレツも回らない状態では、うまく交際が発展するとは思えません。って、いつもぼくが陥る失敗パターンなんですけれど。(埼玉県・公認会計士 36歳)